松江 Tete De Bavard

2015年8月10日

 

“月明かりの宴” というイベントがある。

 

今回で52回目を数える。

 

島根県松江市。

老舗のカフェ、Tete De Bavardがその会場。

 

ここは僕が岡山の外でうたった、初めての場所。

すごくすごく緊張したのを今でも憶えてる。

だから今回、気合いの入れ様が違うのだ。

 

 

朝。

 

 

高鳴る気持ちを携えて家を出る。

わくわくしている。

暑さなんて気にならない。

気になるのはシャワー後の選択ミスだけ。

えらく食い込むやつを穿いてきてしまった。ぐーっ、歩きにくい。

 

車中。

相席のおじさまが横でフガフガ言っている。

土岐麻子で耳に心地いいフタをする。

 

 

 

松江着。

 

 

 

久しぶりの松江。

心なしか、日射しはゆるやか。

Teteに行く前に、前回岡山でも共演した”Ann”のふたりが経営するスタジオ「viktöll」へ。

 

  

 

 

聞いたところ、ぜんぶ手作りだとか。とんでもない人たちだ。

 

中もとってもすてき。

 

 

 

受付。

 

 

Ayuriさんの作品も。

ブローチや小物、もちろん売ってます。

 

 

 

 

「暑かったろー?」と出してくれました。

 

 

 

 

なんだかスイカバーまでオシャレな味がした。笑

Ayuriさん、ごちそうさまでした!

 

 

viktöllを後にし、1年ぶりにTeteへ。

 

 

 

みなぎってきた。うおーっ。

 

 

 

 

リハーサル。

こもった暑さで、なかなかの温度。

 

 

 

 

ああ、でもやっぱりすてきなステージです。

 

そうこうしている間に開場時間。

 

お久しぶりな顔、はじめましての顔。

 

 

そして開演。

 

前回とは違う、”わくわく”

高鳴る気持ちに自分で気づく。

 

 

お仕事の都合で間に合うかわからないとおっしゃっていたお客さん。

2曲目の途中でお顔が見えたとき、うれしくて思わず笑顔になりました。

急いで駆けつけていただき、ほんとうにありがとうございます!

 

 

途中休憩を挟めど計90分、15曲。

暑い中お聴きいただきありがとうございました。

なつかしいのから新しいのまで演らせていただきました。

 

あっ、くそう。

またみんなと写真撮るのを忘れてた。

 

そうそう、フライヤーも置いていただけました。

 

 

ライブ終了後は恒例の打ち上げ。

玉木papaの手料理、今回は手巻き寿司!

ユニークな具材もあり、ほんとおいしかったーっ。

どこからか僕の納豆好き情報が漏洩し、納豆まで!笑

 

 

 

ごはんの量!

玉木papaの愛が反映してました、まるで力士っ。笑

念願の麦芽まで、ありがとうございます!!

 

 

最後はスタッフの玉木papa,あゆみさん,てっちゃんと。

 

 

 

いい旅でした。

あったかい松江。いつ来ても。

また帰ってきます。

 

 

つぎは野外ですねっ!

ね、玉木papa?笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。