アクナキ

2017年3月30日

「これじゃあだめだ」

 

「もっと良くできないか」

 

「もっと高いところまでいけないか」

 

「もっと、もっとだ。」

 

 

 

飽くなき向上心、飽くなき挑戦。

 

いつまでも現状に留まらずのぼり続けるその姿は美しい。

 

 

 

しかし、それは逆にいつまでも「満足することはない」ということ。

 

 

それは、果たしてしあわせと呼べるのだろうか。

 

無論、「しあわせはその人が決めることで、他人が介入すべきことではない」ということは百も承知だが、ある視点で見るならどうしようもないぐらい不幸なのではないか。

 

 

 

入口と出口が繋がる螺旋のような、ハムスターが走る、回し車のような。

 

 

 

今作、カルンをつくっている時にそれを感じた。

 

 

 

来る日も来る日も音のことばかりを考え、苛立ったり、悔しかったりした。

 

 

でも、たくさんの思いを感じてようやく完成したそれは、満足のいくもの。

本当にうれしかった。

 

 

おそらく、すぐにこの満足はうすれ、「次はもっと!」という気持ちが出てくるんだろう。

 

 

 

 

「しあわせか?」

 

 

 

と尋ねられると、よくわからない。

 

 

 

しかしうれしいことはたくさんある。

 

 

僕の足りない頭では「うれしい」と「しあわせ」の違いが説明できない。

 

 

だから今は「しあわせっぽい」ということにしておこう。笑

 

 

 

濁ることなくいいものだけを追うという「飽くなき」はきっと、わるいことではないのだろう。

 

 

だから、これからもやってく。

 

 

不幸なしあわせだとしても。

 

 

悪無き、 灰汁なき、 飽くなきこと。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。